ワク勉
ワク勉は、毎日をワクワク・ドキドキし
ながら送りたいと思っている高校生・
浪人生を応援するWEBサイトです。

大学を選ぶ!

Google

自分をいかせる大学・学部を探しましょう!そのためには、まずどの大学でどんなことを学べるか知ることが重要です。そのためには…

@進学情報サイトに資料請求する

日本国内には、私立だけでも500校以上、国立、公立はそれぞれ90校弱、大学が存在します(短大は含まず、平成18年5月1日現在)。そのすべてを自力で調べるのは、ほぼ不可能。でも、自分に合った特徴をもつ大学は見逃したくない!
そこで皆さんにお奨めするのが進学情報サイトの有効利用です。

進学情報サイトには、多くの大学の情報がコンパクトにまとめられており、多くの場合、大学への資料請求はがきも同封されているので、気になる大学を手軽に選んで資料を大学から取り寄せることが可能になります。
主なサイトとしては、以下のものがあります。

日経進学ナビ
   高校生のための大学進学情報サイト。

リクルート進学ネット
リクルートの高校生向けの無料情報誌。
大学、短大、専修・各種学校の進学情報を掲載。

毎日進学ナビ
毎日コミュニケーションズが運営している進学情報サイト。

注意点としては、1つの進学情報サイトがすべての大学の情報を網羅しているとは限らないということです。 また、同じ大学の情報でも、重点を当てて説明している内容がサイトにより異なることもありますから、 複数の進学情報サイトに登録することがお奨めです。
進学情報サイトの多くは無料のサービスなので、複数のサイトに登録しない手はないでしょう。

Aインターネットをフル活用

@の進学情報サイトの利用は非常に有効ですが、だからといって万能なものではありません。もし、皆さんがある特定の都道府県内の大学に興味がある、ということであれば、各大学のWEBページを直接調べるという方法もあるでしょう。

ワク勉では、地域別に大学を紹介する「地域のページ」の他、過去問を公開している大学を紹介する「過去問めぐり」、大学もしくは大学関連機関発行のメールマガジンを紹介する「メルマガリンク」で大学を紹介しています。

B何を学べばよいのか決まっていないときは!

大学名にはこだわらず、やりたいことができる大学を探すというのも一つの手です。最近では、今まで大学では学ぶことができなかった分野も新しい学部として設立されているケースもありますから、粘り強く自分の興味のある分野が学べる大学を探してみましょう。

ワク勉では、「好きなことを学ぼう!」でいくつかの学問分野について紹介しています。

C志望大学がある程度絞り込めたら…

百聞は一見に如かず。ある程度、志望する大学を絞り込めたら、大学主催のオープンキャンパスや大学祭に積極的に参加してみましょう。インターネットでは感じることのできない大学の立地、設備、雰囲気を確認することができます。

ワク勉では、「大学祭・オープンキャンパス情報」で、大学発信の開催告知情報ページを紹介しています。

いかがでしたでしょうか。皆さんにとって学び甲斐のある大学・学部が見つかるよう、応援しています!




Copyright (C) 2003-2007 Wakuben. All Rights Reserved.