ワク勉
ワク勉は、毎日をワクワク・ドキドキし
ながら送りたいと思っている高校生・
浪人生を応援するWEBサイトです。
レベル-1 縄文時代〜鎌倉時代
Google
ワク勉TOPページ -> こつこつ日本史 -> レベル-1 縄文時代〜鎌倉時代

@ 縄文時代は狩猟中心であったのに対して、稲作が行われるようになる[ 1 ]時代には、社会に貧富の差が生まれ、支配者が出現するようになった。
A 3世紀には邪馬台国が、4世紀以降は[ 2 ]地方に強力な[ 2 ]朝廷ができ、日本全体に支配を広めていった。
B 6世紀に入ると有力豪族が強大化し、天皇中心の体制がゆらぐようになった。そのときに登場したのが[ 3 ]で、推古天皇の摂政として活躍し、十七条の憲法を定めた。
C その後、再び豪族蘇我氏の権力が強くなると、[ 4 ]皇子が中臣鎌足とともに蘇我氏を滅ぼし、大化の改新を進めた。
D 710年、唐の長安にならった都[ 5 ]に政治の中心が移り、奈良時代となる。この時代には仏教が重んじられ、東大寺や大仏を建立された。
E 平安時代が始まってから10世紀前半まで天皇親政が続くが、律令制度が崩壊をはじめると、中臣鎌足を祖とする[ 6 ]氏が摂関として権力をほしいままにした。
F 平安時代末期になると、武士が台頭するようになり、1159年の平治の乱に勝利した[ 7 ]が政治の実権を握るようになる。
G 平家を滅ぼした[ 8 ]は、[ 7 ]とは異なり、貴族化せず、1192年に征夷大将軍に任命され、鎌倉に幕府を開いた。
H [ 8 ]の死後、3代で源氏は滅び、代わって北条氏が[ 9 ]として鎌倉時代の終わりまで実権を握った。
I [ 10 ]が六波羅探題を滅ぼし、新田義貞は鎌倉に東国の武士を率いて北条氏を滅ぼし、鎌倉幕府は滅亡した。

答えのページへ








Copyright (C) 2003-2005 Wakuben. All Rights Reserved.